中学受験の考え方

【中学受験生】インフルエンザの予防接種は冬に入る前までにしよう!

インフルエンザに罹った小学生
この記事の要約

・小学生はインフルエンザの予防接種を1年に2回受ける

・インフルエンザを受ける時期は10月後半と11月上旬がおすすめ

・予防接種後は副反応に気を付けよう

・予防接種は自治体の助成金を有効活用しよう

・インフルエンザはマスク+メガネで予防しよう

中学受験において、最も恐れるべき病気はインフルエンザです。

インフルエンザにかかると突発的に38度以上の高熱が出てしまいます。

大人であっても体の節々が痛くなってしまい動けない状態になります。

中学受験を行うな小学6年生の子どもです。お子さんがインフルエンザにかかったら受験どころではなくなってしまうでしょう。

せっかく数年間勉強を続けてきてやっと迎える受験本番の時にインフルエンザにかかってしまい受験できないのとても悲しいことです。

残念ながら、中学受験の本番の時期は毎年の1月~2月の最もインフルエンザが流行る時期です。

今までのお子さんの勉強を無駄にしないためにも必ず予防接種を受けるようにしましょう。

インフルエンザの予防接種を受けて、インフルエンザと戦うための抗体ができるまでは約2週間かかると言われています。

受験の時期にも影響しないように11月上旬までには予防接種を終わらせるようにしましょう。

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスの画像

インフルエンザとは

インフルエンザはインフルエンザウイルスを病原菌とする気道感染症であるが、「一般のかぜ症候群」とは分けて考えるべき「重くなりやすい疾患」である。

疫学

日本でのインフルエンザの発生は毎年下旬から12月上旬頃に始まり、翌年の1~3月頃に患者数が増加し、4月~5月にかけて減少していくパターンを示す。

病原体

インフルエンザウイルスにはA,B,Cの3型があり、流行的な広がりを見せるのはA型とB型である。

臨床症状

A型またはB型インフルエンザウイルスの感染を受けてから1~3日ほどの潜伏期間の後に、発熱(通常38℃以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが突然現れ、咳、鼻汁などの上気道症状がこれに続き、約1週間の経過で軽快するのが典型的なインフルエンザ。

(引用:国立感染症研究所「インフルエンザとは」より)

一般的にも言われていますが、インフルエンザは風邪と似た症状です。

一目お子さんの状態を見ただけでは、風邪かインフルエンザかは判別できません。

しかしながら、インフルエンザは重症化する可能性もある病気です。

インフルエンザが流行し始める11月下旬以降にお子さんに風邪の兆候が見られたらなるべく早く病院に連れて行ってあげるようにしましょう。

小学生は予防接種を2回受けましょう

予防接種のための注射器とインフルエンザワクチン

ワクチンは1回接種で良いでしょうか?

13歳未満の方は、2回接種です。1回接種後よりも2回接種後の方がより高い抗体価の上昇が得られることから、日本ではインフルエンザワクチンの接種量及び接種回数は次のとおりとなっています。

なお、1回目の接種時に12歳で2回目の接種時に13歳になっていた場合でも、12歳として考えて2回目の接種を行っていただいて差支えありません。

(1)6カ月以上3歳未満の方1回0.25mL 2回接種

(2)3歳以上13位未満の方1回0.5mL 2回接種

(引用:厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」より)

厚生労働省のホームページからも示されている通り、小学生はインフルエンザワクチンを2回接種するのが原則です。

子どもが2回インフルエンザワクチンを接種することによって、インフルエンザにかかった場合でも重症化することを防ぐことができます。

中学受験を控えているお子さんは必ずインフルエンザの予防接種を2回行うようにしましょう。

また、インフルエンザの予防接種をして体の中に抗体ができるまでは約2週間かかると言われています。

インフルエンザの流行り始める11月後半になる前までに予防接種を終わらせることを逆算すると

小学生の予防接種の推奨時期

予防接種1回目:10月後半

予防接種2回目:11月上旬

上記の「小学生の予防接種の推奨時期」に記載したように

1回目の予防接種を10月後半に、2回目の予防接種を11月上旬までに終わらせると

インフルエンザが流行り始める前までに体の中にインフルエンザに対する抗体をつくることができます。

インフルエンザの予防接種後は安静に

安静に寝る子ども

インフルエンザワクチンを接種した後はまれに副反応という体の中にインフルエンザに対す抗体ができる以外の症状がみられる場合があります。

主なインフルエンザワクチン接種による副反応

副反応としての主な症状 症状発生までの期間
アナフィラキシー 4時間
急性散在性脳脊髄炎 28日
脳炎・脳症 28日
けいれん 7日
脊髄炎 28日
ギラン・バレ症候群 28日
視神経症 28日
血小板減少性紫斑病 28日
血管炎 28日
肝機能障害 28日
ネフローゼ症候群 28日
喘息発作 24時間
間質性肺炎 28日
皮膚粘膜眼症候群 28日
急性汎発性発疹性膿疱症 28日

(引用:厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」より)

厚生労働省のホームページを確認するだけでも、インフルエンザワクチン接種による副反応は16種類あげられています。

インフルエンザワクチンを接種した後のお子さんがどこか体調が悪そう、インフルエンザとは関係のない症状で苦しんでいる場合にはすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

特に副反応のひとつであるアナフィラキシー症状は命に関わる症状です。

万が一お子さんに何かあった場合には中学受験度どころではなくなってしまいます。

お子さんがインフルエンザの予防接種を受けてから1~2日は運動などをさせずに自宅で安静にさせるようにしてください。

予防接種の後の数日間は家でじっくりと勉強をさせる良いタイミングとなります。

予防接種には自治体から補助金が出ます

自治体からのインフルエンザ助成金3千円

インフルエンザの予防接種は病気の治療ではないため、自由診療です。

3割負担等の概念もなく、病院によって1回の予防接種に対して支払う金額も異なります。

中学生までのお子さんの場合であれば多くの自治体でインフルエンザワクチン接種に対する補助金・助成金を出してくれる自治体が多くあります。

一部の自治体を抜粋して紹介します。

東京都港区のインフルエンザ予防接種の助成金

・助成金額:1回あたり3,000円

・助成回数:生後6ヵ月~小学6年生のお子様は摂取2回

・受付方法:本人確認書類の提示と助成券の提出

大阪府高槻市のインフルエンザ予防接種の助成金

・助成金額:1回あたり1,000円

・助成回数:生後6ヵ月~小学6年生のお子様は摂取2回

・受付方法:母子健康手帳と子どものインフルエンザ予防接種費用助成金申請書券代理受領委任状

岐阜県中津川市のインフルエンザ予防接種の助成金

・助成金額:1回目2,700円2回目は600円

・助成回数:満1歳~中学3年生までのお子様は摂取2回

・受付方法:健康保険証、福祉医療受給者証、母子健康手帳、予診票

自治体によって助成金の額、助成金を受けるために必要な書類等が大きく異なることがお分かりいただけると思います。

助成金を上手に活用しながらお子さんにインフルエンザの予防接種をさせてあげるようにしてください。

予防接種以外でもできるインフル対策

インフルエンザ予防のため手洗いする女の子

インフルエンザの感染経路は主に接触感染、空気感染です。

インフルエンザを予防するために悪い例、良い例を紹介します。

接触感染を防ぐための悪い例、良い例

接触時間く感染によってインフルエンザウイルスが手についている画像

インフルエンザウイルスのついたドアノブを触った手を洗わずに、手づかみで何かを食べてしまう行為

インフルエンザウイルスのついたドアノブを触ってしまったことを考慮して、外出後や食後は必ず入念に手洗いをする

インフルエンザウイルスは冬になるとありとあらゆるところに付着しています。

特に小学校に通うお子さんは、多くの人やものと触れ合います。

日中・帰宅後にかかわらずお子さんには必ず手洗いの習慣をつけてあげるようにしましょう。

空気感染を防ぐための悪い例、良い例

インフルエンザ予防の眼鏡とマスクの画像

大勢がいる中で、マスクをせず、唾液が飛び交う中大声で会話をする

マスクと眼鏡を装着して、相手と一定の距離を保ちながら会話する

インフルエンザウイルスは空気の中にも潜んでいます。

特にインフルエンザウイルスを持っている人が近くにいる場合やウイルスを持っている人と会話をするとインフルエンザにかかってしまう確率は格段に高くなります。

インフルエンザウイルスは、口やのどの粘膜に付着して感染・病気の発症がはじまります。

空気感染を防ぐために最初にできることはマスクをつけることです。

マスクは鼻の中間部分までしっかりと塞ぎ、横の部分顎付近もなるべく蓋をするように顔にマスクを密着させるのが正しい装着方です。

しかしながら、空気感染の予防にマスクだけでは足りません。

インフルエンザウイルスは目の粘膜から侵入する可能性もあるのです。

目の粘膜からのウイルス侵入を防ぐには、メガネをかけるのが最も適した対策です。

近年では花粉症対策・インフルエンザ対策用に隙間の無い形状になっている眼鏡も多く発売されています。

デザイン的には少々難ありですが、インフルエンザ予防には大きな効果があります。

普通の眼鏡でもある程度インフルエンザウイルスをブロックすることができます。

ぜひ、お子さんには眼鏡+マスクをセットで装着させてあげてインフルエンザを徹底的に予防してあげるようにしてください。

まとめ

中学受験を行う受験生が行うべきインフルエンザ対策のポイントをまとめます。

①小学生は必ず2回予防接種を受ける

②予防接種を受けた後は安静に過ごす

③インフルエンザの予防接種は自治体の助成金を上手に活用する

④手洗いを習慣化させる

⑤インフルエンザ感染予防はマスク+メガネを装着する

①~③まではお父さんお母さんが、十分に対応できる項目です。

④~⑤はお子さんに手洗いの習慣化やマスク+メガネの装着の習慣化を促してあげなければいけません。

特に小学6年生のお子さんのお持ちの親御さんは、

お子さんにインフルエンザになってしまうデメリットをきちんと伝えて、

インフルエンザ予防を習慣化する必要性を説明してあげましょう。