二月の勝者 マンガ 感想

【二月の勝者 登場人物】今後の成長に期待大「柴田まるみさん」!

勉強に励む柴田まるみさん

(引用:二月の勝者第五巻 第37講より)

 

二月の勝者では個性的な子供たちが多く登場します。

 

二月の勝者の中でも、

心情の変化・学力の変化が最も大きいのが柴田まるみさんです。

 

まるみさんは、二月の勝者第2巻の時点では、

偏差値50がありながら志望校は偏差値30の学校を目指しているという

中学受験に意欲的でない女の子でした。

 

しかしながら、所属する中学受験専門塾桜花ゼミナールの講師

「黒木蔵人」からまるみさんがあこがれる難関校に挑戦するようすすめられます。

 

そして、まるみさんは先輩中学生の話や同じ塾生の応援により

現実の世界でも女子御三家と呼ばれる「女子学院中学」

を目指すことにします。

 

まるみさんの女子学院中学への挑戦は

桜花ゼミナール吉祥寺校のジャイアントキリンングの対象として、

先生たちにも注視されています。

 

二月の勝者を読み進めるうえで柴田まるみさんという登場人物は

注目の登場人物です。

 

柴田まるみさんが活躍する「二月の勝者-絶対合格の教室-」第七巻はこちら↓

 

二月の勝者 登場人物 直江樹理さん
【二月の勝者登場人物】算数が好きな「直江樹理さん」ってどんな子?(引用:「二月の勝者 第七巻 第61講」より) 二月の勝者には男女問わず個性的な登場人物がいます。 二月の勝者の女の子のキャ...

 

二月の勝者「柴田まるみさん」の特徴

柴田まるみさんの特徴

・小学5年生3月の時点で偏差値50

・小学5年生3月時点での志望校は偏差値30

・黒木の声掛けにより志望校を女子学院(偏差値70)に変更

・見た目:ショートカット、丸顔、眼鏡

柴田まるみさんの特徴は、どこにでもいる地味で少し暗い女の子です。

 

しかしながら、どこにでもいると思えるからこそ多くのお子さんが

自分自身と重ねることができます。

また、まるみさんは最初は通っていた小学校で

いじめられていた経験もあり地味で暗く塾の中でも友達はできていませんでした。

 

しかしながら、女子学院を志望校として目指し始めて勉強に力を入れるようになり、

塾のクラスも上がります。

 

二月の勝者第7巻では、

夏合宿を通して仲良くなった直江樹理さんと勉強を教えあうほど仲良くなり、

まるみさんも明るさと自信をつけていきます。

二月の勝者でまるみさんは逆転合格の可能性大!

柴田さんは桜花ゼミナール校長である黒木が

ジャイアントキリング(大逆転)の可能性のある生徒として名前を挙げています。

 

まるみさんも黒木先生の期待に応えるように勉強に奮闘し、

時に悔しい思いをしながらも成績を徐々に上げていきます。

 

校長である黒木先生は年度の目標で全員志望校に合格を掲げています。

 

まるみさんは黒木先生の掲げる目標に最も近い生徒の一人と言えるでしょう。

まるみさんは自分に自信の持てない子の鏡

まるみさんは、二月の勝者に登場してから直江さんと仲良くなるまで

下を向いて歩くような暗い女の子です。

 

しかしながら、読者の小学生の中にも学校でいじめられたり、

人とうまく話すことのできないお子さんもいます。

 

少し性格的に暗いお子さんにまるみさんの登場する回を読ませてあげると

将来への希望を見出すことができるかもしれません。

 

ぜひ二月の勝者はまるみさんの登場する回も含めて、

中学受験をするお子さんにもそうでないお子さんにも読ませてあげてください。

まとめ

二月の勝者を読み進めるうえでまるみさんは、

物語のキーにもなる重要な登場人物です。

 

柴田さんの注目ポイントはこちらです。

・受験勉強は順調に進められるのか

・性格は明るくなっていくのか?

・志望校に逆転合格できるのか?

まるみさんの心の弱い部分や目標に向かって奮闘する姿は

必ず読者の方と重なる部分があると思います。

 

ぜひ、柴田まるみさんに自分の姿を重ね合わせて二月の勝者を読み進めてください。