二月の勝者 ドラマ 感想

【二月の勝者-絶対合格の教室-】は漫画・ドラマで中学受験がわかる

【二月の勝者-絶対合格の教室-】は漫画・ドラマで中学受験の現実がわかる!

「二月の勝者-絶対合格の教室-」ビッグコミックスピリッツで連載中の

中学受験の現状をリアルに描いた社会派マンガです。

2020年7月には、柳楽優弥さん主演で日本テレビ系列の実写ドラマとして放映が開始されます。

中学受験を行なうお子さんは近年上昇傾向にあります。

中学受験が増えている主な要因としては、

大学入試制度が2021年から変わることを見越した親が

子どもをできるだけ入学しやすい中学校の頃から中高一貫校に入学させ子どもの大学受験への負担を少しでも減らそうと考えているのです。

(⇛中学受験が増えている要因を詳しく知りたい方はこちら)

二月の勝者はそんな現代の変わりゆく現代の受験事情をどんな情報サイトよりもわかりやすく教えてくれます。

マンガ版でもドラマ版でも中学受験で困った時には何度も見返したい永久保存版的な作品です。

二月の勝者は中学受験をリアルに描いたマンガ

二月の勝者ってどんなマンガ?

二月の勝者は、現代の受験業界や、子どもたちが中学受験に取り組むリアルな姿を描いた中学受験マンガです。

物語は、桜花ゼミナール(吉祥寺校)を舞台に物語が始まります。

桜花ゼミナール吉祥寺校の校長黒木の歯に衣着せぬ物言いと

新人塾講師の佐倉先生の子供たちや親の立場に立って

黒木先生に意見を述べる対立の構図が二月の勝者の見所です。

塾の先生たち以外にも

中学受験に取り組む子どもたちが苦悩する姿

子どもたちを応援する親たちの姿もリアルに描かれています。

二月の勝者の個性的な登場人物

黒木蔵人

黒木先生は二月の勝者第一巻で桜花ゼミナール吉祥寺校の校長として新たにやってきた塾講師です。

自分の受け持った生徒は「絶対合格」させることを掲げています。

冷徹で、塾の売り上げのことばかりを考えている黒木先生は

桜花ゼミナール吉祥寺校の塾講師たちとしばしば対立もあります。

また、原作の中では黒木先生の全貌の明かされていない秘密も描かれています。

⇒【二月の勝者 登場人物】黒木先生について詳しく知りたい方はこちら

佐倉麻衣

佐倉先生は、二月の勝者第一巻で、新たに桜花ゼミナール吉祥寺校に着任した新人塾講師です。

空手を指導していた経験もあるためか礼儀正しく子どもたちに対して、まっすぐに向き合います。

しばしば、桜花ゼミナール吉祥寺校校長黒木先生と対立する場面もありますが、

黒木先生の子どもを志望校に合格させようとする姿勢

に次第に尊敬の念を抱いていきます。

二月の勝者を読み進めたり、ドラマを見るうえで佐倉先生は読者や視聴者の立場を代弁するような人物で非常に感情移入しやすい登場人物です。

⇒【二月の勝者 登場人物】佐倉麻衣先生について詳しく知りたい方はこちら

島津順くん

島津順くんは二月の勝者に登場するキャラクターの中でも秀才な小学生の一人です。

桜花ゼミナール吉祥寺校では、常に最も最上位のクラス「Ω」クラスに所属しています。

また、Ωクラスの中でも成績の順位は、

常に1位もしくは2位という秀才中の秀才です。

しかしながら、島津くんの家庭は教育に厳しく島津くんと島津くんのお母さんが次第に疲弊していってしまう姿が描かれています。

⇒【二月の勝者 登場人物】島津順くんについて詳しく知りたい方はこちら

柴田まるみさん

柴田まるみさんは、原作の序盤では小学校に通うことのできない不登校の生徒でした。

性格的には暗く、勉強も中間の成績で桜花ゼミナール吉祥寺でも当初は真ん中のクラスでした。

しかしながら、自分の輝けそうな志望校を見つけた途端

柴田さんは目を輝かせて受験勉強に励むようになります。

⇒【二月の勝者 登場人物】柴田まるみさんについて詳しく知りたい方はこちら

二月の勝者のドラマはリアリティを楽しむ

主演:柳楽優弥さん&ヒロイン:井上真央さん

二月の勝者は2020年7月に全国日本テレビ系列で実写ドラマ化されます。

主演は柳楽優弥さんで桜花ゼミナール吉祥寺校校長の黒木蔵人を演じます。

ヒロイン役として、新人塾講師の佐倉麻衣先生を演じるのは、井上真央さんです。

柳楽優弥さん、井上真央さんともに数多くの有名映画やドラマ作品に出演しているため

二月の勝者の原作を

実写ドラマとしてどれだけリアルに再現してくれるのかは非常に注目です。

⇒「二月の勝者-絶対合格の教室-」のドラマ化について詳しく知りたい方はこちら

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の楽しみ方

二月の勝者の原作では、桜花ゼミナール吉祥寺校の校長黒木先生が実際の数値を元に中学受験の実情や子どもの勉強の方法などを語ります。

ドラマ化された二月の勝者においても、

黒木役演じる柳楽優弥さんが塾講師や親を前にして、

歯に衣着せぬ発言をズバズバしていくと考えられます。

マンガで読むのとは違い、実際の人間が演じるテレビドラマは見る人にとって

現代の中学受験の厳しい現状をよりリアルに伝えてくれます。

実際に中学受験に挑戦している家庭にとっては、酷な内容もあるかもしれません。

しかしながら、実際に中学受験に取り組む家庭には必ず参考となる情報をたくさん得ることのできる作品です。

ドラマ「二月の勝者」の見逃し配信にも期待!

近年、日本テレビやフジテレビなどで放送されたドラマは必ず見逃し配信を行っています。

特に「二月の勝者-絶対合格の教室-」のドラマは永久保存版です。

中学受験は小学校4年生~小学校6年生の3年間を費やす長い戦いです。

受験勉強に取り組んでいると子どもだけではなく、親御さんも必ず受験勉強をあきらめてしまおうと思う時期が来ます。

中学受験に対して、心が折れそうになってしまった時に

二月の勝者のドラマを見ることによって、

「心が折れそうになるのは自分たちの家庭だけじゃない」ことや

「中学受験で志望校に合格するためのヒント」が多くちりばめられています。

二月の勝者を見逃し配信で見るならU-NEXTがおすすめです。

U-NEXT14,000本以上の映画やドラマが見放題で、日本で放映されたドラマの見逃し配信も常に行っています。

今ならU-NEXTであれば31日間無料トライアルが実施されています。

ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の見逃し配信をみるついでにぜひU-NEXTを試してみてください。

⇒U-NEXTの31日無料トライアルを試してみる

中学受験にはどんな悩みがあるの?

中学受験は志望校選びが悩みどころ

中学受験に取り組んでいる家庭が最も思い悩むことは、志望校選びです。

私立にするのか、国立にするのか、女の子であればミッション系の女子高にするのか共学にするのかなど検討すべきことはたくさんあります。

親と子どもで意見が対立することなくスムーズに志望校を決められることが理想です。

しかしながら、

多くの家庭が志望校選びで親と子が対立しているのが実状です。

志望校を早々に確定させていれば、目標の志望校合格に向けて勉強に専念すれば良くなるという大きな時間的アドバンテージを得ることができます。

反対にいつまでも志望校を決めることができないと、塾での面談の回数も多くなり本来は勉強に使えていた時間を無駄にしてしまうことになります。

志望校選びは、学費・校風・偏差値を総合して考えて最終的にはお子さんの意見を尊重してあげることが大切です。

⇒【中学受験】志望校選びのポイントを詳しく知りたい方はこちら

中学受験をする家庭は夫婦喧嘩が多い

中学受験は子どもだけの問題ではなく、家庭で子どもを応援する親の間でもしばしば問題が発生します。

特に中学受験を行う家庭は、夫婦喧嘩が増える傾向にあります。

中学受験を行う家庭の夫婦喧嘩の原因

・金銭面(塾の費用等)

・子どもの偏差値が伸び悩んでいる場合

・志望校選び(父親、母親で行かせたい学校が異なる)

夫婦といっても子どもをどのように育てていきたいかという

教育方針が異なることは多くあります。

自分の子どもをのびのびと遊ばせることに重きを置くお父さんがいたり、反対に子どもの将来のために中学受験に熱心なお父さんもいます。

そして、色々なお父さんがいる中、お母さんの意見も家庭によってそれぞれです。

夫婦間で子どもの中学受験に関して意見が一致しているということはまれで多くの場合は、

意見の不一致による夫婦喧嘩が勃発してしまいます。

しかしながら、最新の研究では夫婦喧嘩の多い家庭の子どもの成績は下がる傾向にあるとも言われています。

ぜひ、夫婦同士でしっかりと話し合って家庭での中学受験への向き合い方は必ず決めておきましょう。

⇒【中学受験】夫婦喧嘩が多いと子どもの成績が下がる可能性について詳しくみる

スポーツをとるか中学受験をとるかも悩みどころ

男の子に多いのが、

中学受験と並行してサッカーや野球を続けようとすることです。

小学4年生や5年生までは、塾とスポーツは並行して続けることはできるでしょう。

しかしながら、小学6年生になると塾の授業と宿題は増えます。

小学6年生の夏休みが終わると塾で日曜特訓も始まり、土日に行われるサッカーや野球の練習には参加できなくなってしまいます。

中学受験に取り組む際には、

必ず中学受験をとるかスポーツをとるかは必ず話し合っておきましょう。

サッカー選手になれるのは、一年間で約120人程度で全サッカー人口の約0.02%と言われています。

一方で中学受験で志望校に合格する確率は一般的に約30%程度と言われています。

プロサッカー選手になれる確率と中学受験で第一志望に合格する確率を比較するとどちらを選べばよいかは一目瞭然です。

また、中学受験で志望校に合格した後に設備の整った私立中学校・高校でプロスポーツ選手を目指すのも良い選択です。

お子様の将来を見越した選択を親御さんがしてあげるようにしましょう。

⇒【中学受験】で勉強をとるかスポーツをとるか詳しく知りたい方はこちら

まとめ

「二月の勝者-絶対合格の教室-」はマンガであってもドラマであっても

中学受験のリアルについて知ることのできる作品です。

二月の勝者で描かれている子どもたちの前に立ちはだかる問題や

親たちも全力で協力しなければいけない実状は

今まさに中学受験に取り組んでいる家庭

これから中学受験に取り組むことを考えている家庭

解決策や勇気を与えてくれます。

ぜひ二月の勝者を原作マンガ、実写ドラマの両方から中学受験に関するたくさんの情報を得てください。